본문 바로가기

SHINHAN FANANCIAL GROUP





マテリアリティ (重要課題) の特定

ESG戦略と整合したマテリアリティ特定の高度化

社会責任経営の概念は、社会貢献から共有価値の創造(CSV)に、そして最近は、本業を通じて社会的価値を最大化する持続可能な経営 (サステナビリティ)へと拡大しています。新韓金融グループは、ESGをリスク要因として点検する段階を越え、 新たな機会を生み出す領域として認識し、活用する段階に進むべく、サステナビリティ体制を高度化しました。 持続可能な経営を、本業である金融を通じて「ステークホルダーの持続可能な成長に向けた変化」 を支援する 「持続可能な金融 ¹」に再定義し、世界的評価機関やスタンダードが提示するマテリアリティ、 ベンチマーキング、メディア分析、SDGsとの整合性を踏まえて、<環境> <共生> <信頼>の3つの戦略方向を設定しました。

¹ 持続可能な金融(Sustainable Finance): ESG要素をビジネスに組み込み、環境と社会の持続可能性を確保するためのあらゆる形の金融サービス

マテリアリティの特定プロセス

新韓金融グループは、国際的なサステナビリティ報告のガイドラインであるGRI(Global Reporting Initiative) Standardsの「マテリアリティ」原則に沿ってマテリアリティの評価を行い、特に、 SASBが提示する産業別のマテリアリティを反映して、事業と関連したESG課題を把握しています。 毎年ESGレポートに重要課題に対する取り組みと成果を公開し、ステークホルダーと透明にコミュニケーションしています。

Materiality Assessment_1

マテリアリティ特定の結果

新韓金融グループは、中長期のサステナビリティ戦略に結び付けて、重要課題に対する実施状況を報告しています。 2020年には、新たなESG戦略を設定し、ステークホルダーを変化させる金融の善い影響力「Finance for IMPACT」の推進に向けて <環境> <共生> <信頼> の3つの戦略方向とマテリアリティに特定された重要課題を結びつけて、その取り組みと成果について報告しました。 マテリアリティ特定プロセスを経て、顧客保護中心の商品・サービス管理体制構築、気候変動への対応態勢構築など、 10の重要課題を特定し、ESGハイライトをはじめ、ESGレポート全般で、重点的に報告しています。 そして、新たな戦略方向と結びつけて、重要課題別の中長期目標に基づく成果指標の達成状況を引き続き報告していくことを約束します。

Materiality Assessment_2
マテリアリティ (重要課題) の特定
戦略の方向 重要課題 取り組み 掲載個所 GRI Index
環境 気候変動への対応態勢構築 カーボンニュートラルを宣言し、炭素排出量の削減とオフセットを通じた炭素排出ゼロ化を推進します。 Zero Carbon Drive / TCFD レポート 305-1
環境に配慮した投資の拡大 未来の世代のための金融機関の役割を果たすために、2030年までに環境金融に30兆ウォンを支援します。 Environmental | グリーン 金融 201-2, FS8
共生 顧客保護中心の商品・
サービス管理体制構築
チェック・アンド・バランスを強化した組織再編を行い、商品の開発から発売、販売、事後モニタリングまで、顧客中心に再整備しています。 金融消費者保護、
Governance | 顧客保護
418-1
顧客サービスの強化 N/A
金融包摂の拡大 「Start up、Financial Literacy、Group of Community」を重点推進分野に選定し、健やかな金融消費企業の育成、金融弱者の財政的安定、地域社会の課題解決に取り組んでいます。 Hope Together SFG,
Social | 金融包摂
203-1, FS14
働きやすい企業文化確立 女性リーダの育成および障がい者、多文化事業の拡大を通じた社会の多様性を追及し、従業員が業務に没頭し、効率的に仕事をすることができるように、働く環境を改善しています。 社会の多様性追及、 ダイバーシティ
レポート、 Social | 人的資源の開発
401-3
協力会社と共に成長の強化 さまざまなステークホルダーと連携した革新的成長のエコシステム構築をリードし、革新的企業の発掘および育成を通じて10社のユニコーン企業を育てる「Triple-K プロジェクト」に取り組んでいます。 Triple-K, Social | 革新的金融 203-1
信頼 公正で倫理的なガバナンス構築 全グループ会社の役職員を対象に共同の倫理遵法サイバー教育を実施し、毎年全役職員が倫理実践誓約を行い倫理経営の実践に向けた決意を固めています。 Governance | 倫理・遵法 102-26
財務・非財務リスクの
統合管理システム構築
グループCEOが主管し、全グループ会社のCEOが参加するESG推進委員会を新設し、ESGの推進体制を高度化しています。 ESG推進体制 102-30
将来の成長エンジン発掘 効率的な成長追及、グローバルにおける連結と拡張、革新的かつ開かれたデジタル変革、サステナビリティ成果創出、を4つの戦略に設定し、体系的に推進しています。 経営実績、中長期計画、
Governance | デジタル金融
206-1